狩野蒼穹

2011年4月13日 (水)

幸せの一冊、狩野蒼穹の新刊コミック「あねのねいろ-姉弟恋愛」

昨日4月12日、Amazon.co.jpから4月10日に発売された狩野蒼穹センセイの新刊コミック「あねのねいろ-姉弟恋愛」が届きました。(*⌒∇⌒*)

ワールドコミックススペシャル
あねのねいろ-姉弟恋愛
著者: 狩野蒼穹
出版社: 久保書店
出版日: 2011年4月20日 初版発行
ISBN: 978-4-7659-3478-7
定価: 1,000円(税込)

Ane_no_nmeiro_front (c) 2011, 狩野蒼穹

表紙カバー絵は「セックスカウントA・B・C」に登場する「希お姉ちゃん」。
途轍もなくエロいポーズです。( ̄Д ̄;)

狩野蒼穹センセイとしては、通算8冊目となる単行本です。
前作(7冊目)の「ぼくだって姉とセックスしてみたい! 」が2010年4月20日初版発行だったので、ちょうど丸1年ぶりの発刊となりました。
今回は、携帯コミックで連載されていた長編モノ「セックスカウントA・B・C」と、コミック姫盗人に掲載された短編5作品が収録されています。
姫盗人は購読していましたが携帯コミックは購読できなかったので、「セックスカウントA・B・C」はまったくの初見です。

この「セックスカウントA・B・C」、エロいだけでなく最高に愉快なストーリーの作品です。( ̄∇、 ̄)
狩野蒼穹作品に登場する女の子は2種類しかありません。
主人公の男の子の姉(もしくは妹)と、姉(もしくは妹)ではない女の子です。
要は姉妹か他人かのどちらか。(笑)
「セックスカウントA・B・C」では、希お姉ちゃんと先輩が弟クンを取り合って、最後は3Pやアナルセックスする黄金パターンなのに、とても自然な展開が楽しめます。
また、少年コミックのような明るくて可愛い絵柄にも関らず、肌触りや匂いまで感じ取れるフェチな描写が最高です。

Ane_no_nmeiro_rear (c) 2011, 狩野蒼穹

裏表紙カバー絵が「セックスカウントA・B・C」の希お姉ちゃんのライバル「先輩」。
エロさは希お姉ちゃんに負けていません!

狩野蒼穹作品は読後感がとても爽やか。
禁断エッチの姉弟モノなのに背徳的な雰囲気が無く、読み終わって思わずホ~ッとする幸せコミックです。
長編、短編ともに登場人物の愛情が伝わる心やさしい作品なのは、狩野蒼穹センセイの人柄でしょうか。

東日本大震災で全国に自粛ムードが拡がっていますが、狩野蒼穹センセイの「あねのねいろ-姉弟恋愛」を読んで暫し幸せな気持ちになりましょう。(* ̄ー ̄*)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

「錬電術師 -HexaQuarker- 最終章 家路 -かや・くろえ・カナヘED-」 独断と偏見のヒロイン考

昨年の夏コミ(コミケ78)で夏版がリリースされ、先日の冬コミ(コミケ79)で正式バージョン(v1.00)が頒布された不機嫌亭ゲーム班の「錬電術師 -HexaQuarker- 最終章 家路 -かや・くろえ・カナヘED-」。
私も先月早々に入手できたので、今日までに一通りプレイすることができました。

今までも「錬電術師 -HexaQuarker-」の各章がリリースされるたび、稚拙なレビュー記事を書かせていただいております。( ̄∇ ̄;)
今までにリリースされた作品と同様、今回の「最終章 家路」もプレイすればするほど味わいがある素晴らしい作品で、ぜひレビューしたいと感じました。
しかし、いざレビューを書こうとブログに向かうと、「この作品をどんな風にレビューしよう?」「そもそも、今レビューを書いても良いの?」と悩みが湧き上がります。

「最終章 家路」はシリーズの完結編なので露骨なネタバレはご法度です。
クライマックスの戦闘シーンや感動のエピローグなど「○○が△△だったんだよ~!」って叫びたくなりますが、そこはグッと我慢です。( ̄Д ̄;)
また、物語の構成とかスクリプトの技巧とかについても全く素人なので、その辺りに詳しい諸兄に熱く語っていただくとして、私は「錬電術師 -HexaQuarker-」のヒロインの魅力について独断と偏見で語りたいと思います。

「錬電術師 -HexaQuarker-」は、三章で構成される18禁ビジュアルノベルゲームです。
「第一章 gate_way」は物語の導入部、「第二章 infinite_routine」が展開部、そして「最終章 Re_turn」が終結部になりますが、ヒロインごとにマルチエンディングとなり、「最終章 Re_turn」はさらに三編に分かれます。
今回リリースされたのが「家路 -かや、くろえ、カナヘED-」、そして「夢路 -まな、ローズマリーED-」、「旅路 -りんね、アラディアED + グランドフィナーレ-」と、ヒロイン毎にエンディングが予定されています。
ですので、今回は「家路」のヒロイン「かや姉」「くろえ姉」「カナヘさん」についてご紹介させていただきます。

H_5sc05 かや姉

作品の一番最初から登場する「かや姉」は、主人公「貴一くん」の一番上の姉君。
姉なのに妹のような幼い風貌で不思議がいっぱいのかや姉ですが、貴一くんが無垢の信頼を寄せる一番お気に入りのお姉さんです。
最終章でかや姉の秘密がすべて明らかになり、かや姉の感動的なエピローグには思わず涙してしまいます。

かや姉(左)と貴一くん
Hexaquarker_long_way_to_home_1
 (c) 2007-2011 不機嫌亭ゲーム班

キャラクターデザイン・原画の狩野蒼穹氏が得意とする貧乳…いや微乳系美少女キャラで、おそらくは日本人男性の80%が理想とする恋人像が「かや姉」だと思われます。
特徴として、長い黒髪、色白、貧乳微乳、ロリ体型、黒タイツと、フェチズムの基本を押さえています。
エッチシーンのイベント絵、かや姉の黒タイツを履いた足があまりにも美味しそうで、劣情を催さずにはいられません。( ̄∇、 ̄)ハアハア

もとい。
以前、製作日誌へのコメントで、「錬電術師 -HexaQuarker-」は「心優しき少年、強く美しい姉妹達、頼もしい仲間達による愛と冒険の物語」だと評したことがありました。
まさしく、かや姉は「愛」そのものです。
「姉弟愛」「純愛」「博愛」そして「人間愛」そのものを象徴するヒロイン。
「かや姉を「夢路」「旅路」でも活躍させて!」「次回作もかや姉の物語にして!」と欲さずにはおれません。

H_5sc05 くろえ姉

第一章ではその存在感が強く描かれているにも関わらず直接は登場せず、いきなり第二章のメインヒロインを飾った2番目の姉君「くろえ姉」。
姉妹に囲まれた貴一くんの兄的な存在として、とてもハンサムな女性に描かれています。
ショートカット、Tシャツにローウエストなジーンズ、形の良いバストと引き締まったウエストは、アスリートのような健康美を醸し出しています。

くろえ姉
Hexaquarker_long_way_to_home_2
 (c) 2007-2011 不機嫌亭ゲーム班

第二章、そして最終章「家路」の物語はくろえ姉を中心に進むと言っても過言ではありません。
姉妹の中で貴一くんが最も頼りにしたい、そして頼られたい戦友のような存在、それがくろえ姉だと思います。
エッチシーンでは、それまで凛としていたくろえ姉が堕天使のように淫靡な姿となるのも意外な魅力のひとつです。

くろえ姉は「姉弟愛」「純愛」「性愛」を表していると同時に、「冒険」と「成長」の象徴でもあるのでしょう。
アニメ化してリアルに動くくろえ姉を見てみたいと思うのは、私だけでは無いはずです。(* ̄ー ̄*)ノ

H_5sc05 カナヘさん

唯一、「家路」の3ヒロインの中で貴一くんの姉妹でないのが「カナヘさん」です。
ふんわりした京都弁風に話す和装が似合う美女ながら、冷徹に敵と対峙する女戦士を演じています。
でも本当は成人女性の艶っぽさと無邪気な少女のあどけなさを合わせ持ち、物語後半では次第に貴一くんと心を通わせるようになります。

カナヘさん
Hexaquarker_long_way_to_home_3
 (c) 2007-2011 不機嫌亭ゲーム班

ちなみに、私は第二章の予告でカナヘさんが登場した時からガッチリ心を掴まれて、それ以降「カナヘさんファンクラブ会長」を自称しております。(* ̄∇ ̄*)デヘヘ
主人公の少年に美女達が絡みあう冒険物語では、カナヘさんのようなトリックスター(道化)の存在がとても魅力的。
一番印象に残ったのは、貴一くんに「都会のカラス」の話しをするくだりのカナヘさん。
本気でカナヘさんを嫁にしたいと思いました。
そんなカナヘさんは、まさしく「家族愛」を象徴しているのだと信じています。( ̄ー+ ̄)

H_5sc05 まとめ

最終章「家路」では、他にも印象的な女性が登場します。
メガネっ娘にして貴一くんの強敵である○.○.。
確か第一章で伏線が引いてあった、ガラスのような瞳の○○さん。
サブキャラ女性までもが活き活きと活躍し、物語の奥行きを深めています。

「錬電術師 -HexaQuarker-」に登場する女性は、決してご都合主義で薄っぺらなステレオタイプのヒロインではありません。
それは、女性の魅力、人間の魅力というものを緻密に考察して、一人一人が個性豊かに描かれているからに他なりません。
とても愛らしい「家路」のヒロイン達、じっくりと付き合ってみてください。


以上、よく分からないレビューになりましたが、「錬電術師 -HexaQuarker-」を知らない方、「錬電術師 -HexaQuarker-」の体験版を少しだけプレイしたことのある方に、ぜひ全編のプレイをお薦めいたします。
とてもハートウォーミングなビジュアルノベルケーム、こんなに素敵できれいなお姉さんが登場するゲームはお嫌いですか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

狩野蒼穹最新刊 「ぼくだって姉とセックスしてみたい!」 が届きました。

今日amazon.co.jpから、昨日発売されたばかりの新刊コミック、狩野蒼穹氏の「ぼくだって姉とセックスしてみたい!」が届きました。(*⌒∇⌒*)

ワールドコミックススペシャル
ぼくだって姉とセックスしてみたい!
I LOVE SISTER!


著者: 狩野蒼穹
出版社: 久保書店
出版日: 2010年4月20日 初版発行
ISBN: 978-4-7659-3451-0
定価: 1,000円(税込)

I_love_sister_front (c) 2010, 狩野蒼穹

2009年10月号を最後に休刊となった松文館の月刊誌「コミック姫盗人(ひめどろぼう)」に掲載された作品の集大成です。
コミック姫盗人に掲載されていた時から、可愛くてエロいお姉ちゃんが繰り広げる足フェチや匂いフェチな性描写に萌え萌えでした。
それが1冊の単行本に仕上がり、まとめて狩野作品が堪能できるので、とても幸せです。(* ̄ー ̄*)
つい懐かしくなって過去のコミック姫盗人を探し出して、どの作品がいつ掲載されたかをまとめてみました。

【CONTENS】
P.003 姉ちゃん女房  … コミック姫盗人 2009年3月号
P.019 弟のスイーツw  … コミック姫盗人 2009年2月号
P.035 ミン(眠)デレ  … コミック姫盗人 2009年1月号
P.051 姉寒弟暖  … コミック姫盗人 2009年9月号
P.067 夏休みのすごし方  … コミック姫盗人 2009年10月号
P.083 足の弱いお姉ちゃん  … コミック姫盗人 2008年10月号
P.099 お姉ちゃんと田舎  … コミック姫盗人 2008年9月号
P.119 あたしたちのたまり場  … コミック姫盗人 2009年8月号
P.135 吊り橋理論的恋  … コミック姫盗人 2007年12月号
P.155 真面目な姉ほどエロい様です  …  コミック姫盗人 2008年1月号
P.175 あとがき (寺田せう、蒼穹狩野、狩野蒼穹

どの作品のお姉ちゃんも、高揚した表情、足やお尻、陰部の柔らかな肉感が魅力的に描かれています。( ̄∇、 ̄)

ところで、あとがきの寺田せう氏は、狩野蒼穹氏主宰の同人ゲーム「錬電術師 -HexaQuarker-」に動画担当で参加されている同人作家さん。
すぐに同人ゲームサークル「不機嫌亭ゲーム班」つながりだと分かりましたが、次のページの「蒼穹狩野」氏が誰だか分かりません。
一見すると狩野蒼穹氏自身が描いたページに見えるのですが、「狩野蒼穹様江」、「蒼穹狩野」の手書き文字が狩野先生の直筆サインの筆跡と違うので、別人じゃないかと想像しています。
「では、あとがきの2ページ目はいったい誰?」という楽しいオマケつきの新刊コミックでした。

I_love_sister_rear (c) 2010, 狩野蒼穹

表紙に劣らず、裏表紙も目次のカラーページもパワー満開、可愛さとエロさが溢れています。
特に裏表紙のイラストはブックカバーの折込部分にも大きく描かれていて、コミックを開くたびにドキドキします。( ̄∇ ̄;)
今回も可愛いお姉ちゃん達を世に送り出していただいた狩野蒼穹氏に感謝します。
狩野蒼穹センセ、バンザーイ!! \(⌒∇⌒)/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

狩野蒼穹最新コミックス 「ぼくだって姉とセックスしてみたい!」

今日は朝から嬉しいニュースを見かけました。
大大大好きで大大大ファンな狩野蒼穹先生の最新コミック発刊の情報です。(≧∇≦)

ワールドコミックススペシャル
ぼくだって姉とセックスしてみたい!

著者: 狩野蒼穹
出版社: 久保書店
発売予定日: 2010年4月10日
ISBN-13: 978-4-765-93451-0
予定価格: 1,000円(税込)

公式ホームページ不機嫌亭 蒼穹に新刊の表紙が公開されています。

(画像リンク)
20100312.jpg
(c) 2010, 狩野蒼穹

コミック7冊目の表紙は、超可愛くて超エロそうな体操服お姉ちゃんが目印です。( ̄∇、 ̄)

新刊情報を知って、今朝すぐさまamazon.co.jpで予約しました。
3月31日まではキャンペーンで送料が0円、それにキャンペーン用ギフト券で▲53円、差し引き947円での購入となりました。
配達予定日は4月12日~14日とのこと。
前刊の姉るせっくすより丸2年ぶり、本当に1ヶ月後が待ち遠しいです。(*⌒∇⌒*)

(追加記事)
2010年4月11日 (日)
狩野蒼穹最新刊 「ぼくだって姉とセックスしてみたい!」 が届きました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

「錬電術師 -HexaQuarker- 全章体験版 ~long and NOT winding load~」プレイ記

昨年末のコミックマーケット77(冬コミ)で頒布され、人気を博した同人ゲームの体験版。
リリース前のデバッグに参加させていただく機会があり、リリース後に改めて全編をプレイさせていただきました。
1月中頃には、プレイ後の感動をレビュー記事にまとめようと、120行、2,800文字余りも評論みたいなことを書き綴っていました。
でも、書けば書くほど、プレイして本当に感じたことが書けていないことに気づきました。( ̄Д ̄;)

それから1ヶ月。
改めてプレイし直して、最初からレビュー記事を書き直しました。
独断と偏見とネタバレに満ちた18禁レビュー記事です。
どうか予めご容赦を。( ̄ω ̄;)

その同人ゲームは、不機嫌亭ゲーム班の「錬電術師 -HexaQuarker- 全章体験版 ~long and NOT winding load~」。
ゲーム体験版と言うより、エンディングまでプレイできる18禁ビジュアルノベルです。

「錬電術師 -HexaQuarker-」は現代魔術をモチーフとした18禁ビジュアルノベルゲームで、三部作として製作されています。
2007年冬に「第一章 gate_way」が、2008年夏~秋にかけて「第二章 infinite_routine」がリリースされました。
2009年には「最終章 Re_turn」体験版が発表され、物語がすべて完成するのは2010年夏の予定です。
今回、物語の完成前に公開された「全章体験版 ~long and NOT winding load~」では、「第一章 gate_way」、「第二章 infinite_routine」そして、「最終章 Re_turn」のあるルートのエンディングまで、選択肢なしで読み進めることができます。
ストーリー分岐のための選択肢がすべて禁止されているので、今回はビジュアルノベルゲームではなくビジュアルノベルだと言っても差し障り無いでしょう。( ̄ー+ ̄)

「第一章 gate_way」部分、「第二章 infinite_routine」部分については、トゥルールートを最短で走り抜けます。
最短といっても、読み終わるまで最低でも数時間かかる長編です。
でも、まだ「錬電術師 -HexaQuarker-」をプレイしたことが無い方には、ぜひ「第一章 gate_way」、「第二章 infinite_routine」の完全版をプレイしていただきたいと思います。
どちらも多彩なアナザールートが存在し、ゲームオーバーやバッドエンドに至ることもありますが、アナザールートにこそキャラクター達が活き活きと描かれているエピソードがあります。
ですので、「最終章 Re_turn」をプレイする前の予備知識としても、「第一章 gate_way」、「第二章 infinite_routine」を完全版で全編プレイしておかれることをお薦めします。

さて、「最終章 Re_turn」は現在も製作中で、今回の「全章体験版 ~long and NOT winding load~」では「最終章 Re_turn」のアナザールートのひとつとなる新しいストーリーがプレイできます。
特に、今回の「最終章 Re_turn」部分のシナリオは、あるヒロインでのクライマックスシーン、Hシーン、エンディングで構成され、彼女の大ファンである私には垂涎のストーリーです。

ちなみに、「錬電術師 -HexaQuarker-」にはヒロインが7人登場しています。
どのようなヒロインが登場するのかは、以前に私が書いた拙文記事『「錬電術師 ーHexaQuarker- 第二章 infinite_routine v1.01」レビュー 18禁バージョン』をご覧ください。( ̄∇、 ̄)

その大好きなヒロイン「カナヘさん」の姿を初めて見たのは「第二章 infinite_routine」の予告編とでも言うべき「恋電術師 ~恋して鯉釣るFish On~」でした。
2008年のエイプリルフールに公式ホームページに掲載されたパロディ、そこに着物姿に京都弁(風)で登場したカナヘさんに一目惚れしてしまいました。

それから1年と9ヶ月。
千年を生きて主(ぬし)のために戦う女性、そして人の理(ことわり)を知ろうとする無垢(イノセント)な女性、その二面性を与えられたカナヘさんは、「全章体験版 ~long and NOT winding load~」の中で、より美しく愛しい女性へと変化していくように描かれています。
二つのキャラを持ち、長い金髪を揺らして京都弁を話す美女とは、これまた私の大好きなTommy february6さんと別人格のTommy heavenly6さんのよう。
私の脳内妄想ではカナヘさんの笑顔にTommyさんの美声が重なっています。
なお、Tommyさんは「錬電術師 -HexaQuarker-」とは何も関係ありません。( ̄∇ ̄;)

それと、「最終章 Re_turn」部分で特に気に入ったのがこのイベント絵。
眠りから覚めたカナヘさんが、ベッドを覗き込む主人公「貴一くん」を優しく見返す、いたずらっぽい目線が堪りません。

She_is_best_heroine
 (c) 2007-2010, 不機嫌亭ゲーム班

イベント絵が表示された瞬間、カナヘさんの萌える瞳に悶絶してしまいました。(≧m≦)
こんなに素晴らしいイベント絵を描いてくださった原画の狩野蒼穹さんと彩色のはたのさん、さやのれいるさんに感謝感激です。

さて、ストーリーの方も、カナヘさんのクライマックスシーンは私の想像を遥かに超えた展開で、更にエンディングは全く予想し得なかったエピローグでした。

「錬電術師 -HexaQuarker-」は、家族愛、人間愛(博愛)がメインテーマだと思います。
しかし、「第二章 infinite_routine」までは、貴一くんとヒロイン達との関わりは「好き!」という感情、どちらかと言えば男女愛(恋愛、性愛)として描かれていました。
貴一くんの「お姉ちゃん大好き!」「妹大好き!」も、姉妹を家族というよりは恋愛対象として見た描写です。
この姉妹恋愛モノというのは、原画の狩野蒼穹さんのコミックに最も多いテーマで、「錬電術師 -HexaQuarker-」にもイイ感じに織り込まれています。

ところが今回、貴一くんとカナヘさんがレインボー・ブリッジを散歩しながら、人と人との交わりや人と社会の関わりを語る場面では人間愛(博愛)が、エピローグではカナヘさんが最愛の家族となった貴一くんや娘達と交わす会話の中に家族愛が描かれています。
どちらも予想していなかったシーンですが、メインテーマの家族愛、人間愛(博愛)に溢れていて、とても気に入ったエピソードです。
貴一くんがヒロイン達と浮名を流すよりも家族想いの良きパパになったエンディングに、シミジミとした安堵を覚えます。
最後にカナヘさんが娘達に向かって語る「おやすみ。ええ夢 見ぃよし」の一言、キャラクターボイスを聞いた瞬間にホロリと涙が出ました。

とは言え、「全章体験版 ~long and NOT winding load~」のエンディングはアナザールートのひとつ。
小説やコミックで言えば、「外伝」か「異聞」と言うべきもの。
貴一くんとヒロイン達の活躍はまだまだ続きます。
続きは8月14日(土)のコミックマーケット78(夏コミ)で!(⌒∇⌒*)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

コミケ初体験記 (コミケ76に行ってみた。)

昨日8月15日、人生初のコミックマーケットを体験してきました。
コミックマーケット76、いわゆる夏コミの一般参加です。

コミケに行きたい!
実は昨年からの念願でした。
昨年の夏コミ(コミケ74)は、お盆の土曜日に仕事が入り、悔しい想いで遠く東の空を眺めていました。
それから1年。
ようやく叶ったコミケ初参加、感動が冷めない内に体験記を記しておきたいと思います。

Tokyo_bigsight
「娘よ、あれがビッグサイトだ!」

8月13日(金)午後1時過ぎに自宅を出発。
京都駅14時2分発ののぞみ358号に乗ります。
のぞみの指定席券は一週間前に購入しておきました。
お盆の時期でも一週間前なら行き帰りとも、ほぼ希望する時間が取れました。

京都駅でコミケにサークル参加した経験のある知人のUさんと合流。
Uさんにコミケへの水先案内人をお願いして、コミケ参加のハウトゥーを教えてもらいました。
Uさんの助けがなければ、東京ビッグサイトに辿り着けるかどうかも怪しいものです。

品川駅を経由して大井町駅に到着後、まずは宿泊先のヴィアイン東京大井町に向かいチェックイン。
荷物を降ろして小一時間くつろいだ後は、夕食までの間を秋葉原のショップ巡りで過ごしました。
Uさんには秋葉原でもショップへの水先案内人になっていただきました。
Uさん、スペシャル感謝です。

夜8時、懐かしい人との再会がありました。
それは昨年7月17日、東京出張の際に面会した同人ゲームファン仲間のGoShuさん。
GoShuさんに予約していただいた自然酒庵 品川虎之介 はなれで、Uさんと三人、明日のコミケへの期待に話が弾みます。
美味しい創作和食料理にお酒も進み、あっと言う間に夜が更けて行きました。

いよいよコミケ初参加の時がやってきました。
Uさんと9時半にホテルを出発、りんかい線で大井町駅から国際展示場駅へ。
10時頃に行列に並んでいると、ホールの中から10時開場の拍手が聞こえてきます。
カタログは事前に用意しておかなかったので、行列に並ぶ直前に冊子版(2,000円)を購入。
カタログをめくると、もうコミケが分かったような気になってきます。
このカタログの重さが、後から体力とスタミナを奪うとも知らずに… ( ̄∇ ̄;)

駐車場での待ち行列は予想外に早く進んで行き、40~50分ほどで東ホールの中に入ることができました。
今回、必ず行きたいサークルは二つ。
一つは娘①からリクエストのあったTONO先生のうぐいす姉妹堂さん(東地区シ56)。
もう一つが、いつも応援させていただいている同人ケーム「錬電術師 -HexaQuarker-」の不機嫌亭ゲーム班さん(東地区S49b)です。

まずは、マップを頼りにうぐいす姉妹堂さんへ。
娘①はTONO先生の描かれる猫が大好きなので、猫本4冊と可愛い手描きの猫バッグ2つを買いました。
幸せなことにTONO先生ご本人がおいでになり、しまちゃんのバッグを探していただいた上に、冬の猫本にサインまでお願いしてしまいました。
TONO先生、本当にありがとうございました。
Uguisu_shimai_dou

その次は、人の流れに負けそうになりながら不機嫌亭ゲーム班さんへ。
今回のコミケは不機嫌亭ゲーム班の皆様にお会いすることが最大の目的です。
11時半より少し前、東地区S49bにたどり着くと、そこには3名のスタッフが居られました。

帽子を被り来客の対応をされているのが、おそらくは進行豹さんでしょう。
不機嫌亭ゲーム班プレイヤー証を提示して挨拶すると、すぐに進行豹さんは他のお二人に声をかけられました。
眼鏡の男性が音楽の桜崎みなもさん。
そして、後ろで色紙に何かの絵を描いておられた男性こそ、憧れの狩野蒼穹先生でした。(*≧m≦*)

暑さと狩野先生に会えた嬉しさで舞い上がってしまい、頭の中が真っ白になってしましましたが、ボーッとしている時間はありません。

まずは、ご迷惑かと思いつつも、差し入れの麦茶と手拭いをお渡ししました。
手拭いはともかく、麦茶はクーラーバッグに氷入りだったので結構な重さです。
飲みきれなければ荷物を増やしてしまったかも、と帰りの新幹線の中で悩みつつ反省。( ̄Д ̄;)

つぎに、「錬電術師。やってます。券。」を進行豹さんにお渡しして、今回の頒布物『How to making 初めての同人ノベルゲーム  -錬電術師が でき(かけ)るまで-』を2冊購入、念願の不機嫌亭ゲーム班スタンプカード『かやぺったんカード』を発行していただきました。
1冊は読む用、もう一冊は保存用という大人買いです。(笑)
Fukigentei_game_group

ちなみに、「錬電術師。やってます。券。」は、吹き出し空白版を使わせていただいたのでですが、
Renden_yattemasu_ken_kiisan
もっと気の利いた応援メッセージを書いておくべきだった、と帰りの新幹線の中で落ち込みつつ反省。( ̄Д ̄;)

さらに、厚かましくも狩野先生にサインをお願いしました。
去年からのお約束だった『錬電術師 -Hexa Quarker- 第二章 infinite_routine v0.90』パッケージへのサインだけでなく、持参した狩野先生の単行本「姉るせっくす」にもサインを強請りました。
身勝手なお願いに狩野先生はいやな顔もせず、洒落たサインを描いてくださいました。
「あつい!」のセリフは、その瞬間の狩野先生の気持ちを表していて、とても印象に残ります。
Kanou_soukyu_signature
狩野先生、本当に本当にありがとうございました。(*⌒∇⌒*)

…等々と一箇所に長居してしまい、お隣のサークルの方や他の参加者の方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。m(_ _)m
その時にすぐ気付けはよかったのに、と帰りの新幹線の中で己の浅慮を恥じつつ反省。( ̄Д ̄;)

不機嫌亭ゲーム班さんを離れる時になって、発汗と足の疲労でヘロヘロになっていることに気がつきました。
さっきまで持っていた麦茶のクーラーバッグよりも、今はカタログの重さが腕に堪えます。
そろそろ昼食の時間ですが、会議棟のカフェPRONTOでドリンクするのが精一杯。
Uさんも私も迷わずザ・プレミアム・モルツのジョッキを注文。
1時間ほど椅子から立ち上がることさえもできませんでした。

午後からは東ホールの中を色々と見て回り、イラストやパロディ漫画などを買い求めました。
今回、コミケ会場内を回るのに、いくつか持参したエコバッグやトートバッグの類が大活躍。
特に、不機嫌亭物販部で購入したI'll Cover you.の帆布スクエアバッグが購入した書籍やグッズを入れるのに最適でした。(*^ー゚)b
バッグ類がもっと欲しくなり、午後2時30分頃、再び不機嫌亭ゲーム班さんに顔を出して最後の残り一つとなったかや姉エコバッグをゲット。
表側はSDかや姉ですが、裏側には描き下ろし制服まなちゃんがプリントされていて、使うのが勿体無い逸品です。

不機嫌亭ゲーム班の皆様にお別れのご挨拶をして、東ホールをもう一回りした後、なごり惜しいビッグサイトを後に帰路につきました。
しかし!
ここまできて、アレを見ずに帰るのは勿体無いと、台場駅でゆりかもめを下車。
都立潮風公園に向かいました。
そこにはGREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの18m実物大ガンダム。
テレビで見るのと違って実物の巨大さが実感できました。
Odaiba_gandum

ガンダムの背中から差し込む夕日が、旅の終わりが近づいていることを教えてくれます。
都営バスでレインボーブリッジを渡り、JR浜松町駅へ。
連泊予定のUさんと品川駅で夕食を食べて、 19時17分発ののぞみ127号に乗る頃には辺りも薄暗くなり、後は京都へ帰るだけです。
22時過ぎに無事帰宅し、私の夏コミが終わりました。
来年の夏コミに行けるかどうかは分かりませんが、行きたいか否かで言えば間違いなく「また行きたい!」です。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

錬電第三章コミティア体験版 ライナーノーツ

その作品とは運命の出会いだったのかも知れません。
2007年秋、フトとしたきっかけから体験版をプレイした同人ゲーム。
体験版をプレイした途端、心の底から「続きがプレイしたい。」「結末を見届けたい。」と感じました。

そのゲームとは不機嫌亭ゲーム班の『錬電術師 -HexaQuarker-』。
2007年冬に「第一章 gate_way」、2008年夏~秋に「第二章 infinite_routine」がリリースされ、今年冬には最終章となる「第三章 Re_turn」が発表される予定です。
その「錬電術師 -HexaQuarker- 第三章 Re_turn」の体験版が、先日5月5日(火)のコミティア88で頒布されました。
「第三章コミティア体験版」と呼ばれるその体験版CD、幸いにも早々にプレイする機会を得ました。
この第三章コミティア体験版をプレイしてすぐに感じたのは、2007年秋に出会ったとき以上に「続きがプレイしたい。」「結末を見届けたい。」との渇望です。
私はゲーム評論家でもゲーム通でもありませんが、ぜひその感動をお伝えしたいと思います。

Hq3_comitia_cd_jacket

第三章コミティア体験版をプレイして受けた印象は「短い」、そして「深い」です。
今まで「第一章 gate_way」、「第二章 infinite_routine」ともに何回か体験版が頒布されており、どれもプレイさせていただきました。
今までのどの体験版と比べても、第三章コミティア体験版はかなり短い作品です。
ところがシナリオの短さに反比例するかのように、重く深く凝縮され進んでいくストーリーの展開には美しさがあり、ある種の畏怖すら覚えます。
私と同様に第一章・第二章をプレイし「錬電術師 -HexaQuarker-」を熟知している多くのプレイヤーに新たな衝撃を与えることは間違いありません。
「…まさか、こんな展開って…」
体験版が終わっても、しばらく画面の前から動けませんでした。

今回の第三章コミティア体験版からは、第一章・第二章より進化した開発環境「KAGEX2」が用いられ、画面のアニメーションやテキスト表示のエフェクトが素晴らしく進化しています。
音楽担当の桜崎みなも氏によるスタイリッシュなBGMと重なり合って、スリルはいっそうリアルに、感動はより心に沁みて伝わってきます。
第三章コミティア体験版の中で流れる新曲“logical logistics”。
ブラスの音色が都会の夜景を彷彿とさせる大人のサウンドは、公式ホームページから視聴できます。♪


Hq3_comitia_title_view
(c) 2007-2009, 不機嫌亭ゲーム班


そう、「大人」といえばこのタイトル画面も。
ノスタルジックな雰囲気が漂う大人びたタイトルデザインが、これから始まるであろう現代魔術の激戦と見事なコントラストを成しています。

また、画面のエフェクトはもちろんですが、情景や登場人物の心情に合わせて、テキストの文字色までが微妙な色調に変化するのは秀逸です。
シナリオ・スクリプト担当の進行豹氏の細やかな仕上げにはとても好感が持てます。

もう一点着目したいのがイベント絵。
第一章・第二章までのイベント絵は、強いて申せば原画の狩野蒼穹氏が描くエッチで可愛い女の子を楽しむイラストでした。
しかし、第三章コミティア体験版は、ビジュアルノベルゲームにありがちな女の子イラストだけのイベント絵から脱却し、確実にグレードアップしています。
原画担当の狩野蒼穹氏と彩色担当のはたの氏のコラボレーションは、シナリオと呼応して摩訶不思議な情景をよりビジュアルに描写するアートの世界を織り成しています。

Hq3_comitia_who_is_she
(c) 2007-2009, 不機嫌亭ゲーム班


更に登場人物のキャラクター描写についても、文句無くレベルアップしている手応えを感じました。
例えば第三章から登場するこの女性。
今までに登場したどの女性キャラクターとも違うタイプに描き上げてられており、クールな台詞と相まって、ますます物語の奥行きを深めています。

そんな第三章コミティア体験版はドラマの次週予告のようなもの。
新たなストーリーを予感させるナレーションが次週の放映を待ち遠しくさせるように、もっとエッセンスの詰まった「第三章WEB体験版」6月中リリース!との予告に心が躍ります。
次の第三章WEB体験版、そして第三章製品版の出来映えを予感させてくれる、この第三章コミティア体験版。
ベストアルバムからシングルカットされたような際立つ輝きがあり、プレイヤーの期待を裏切りません。

(2009年5月、リビングで“logical logistics”を聴きながら。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

「錬電グッズ」が届きました

今日は日曜日ですが、お客さまのイベントに出席してきました。
京都精華大学の「創立40周年記念式典・本館竣工披露式」です。
祝賀会会場で漫画評論家の呉智英氏を間近で見かけました。(^_^)v
マンガ学部の客員教授だそうで…

それはさておき、先日注文した不機嫌亭ゲーム班「錬電術師 -HexaQuarker-」のキャラクターグッズが届きました。
(木曜日に届いていたのですが、今日ようやく箱を開けました。)

狩野蒼穹氏原画のキャラクターグッズ販売サイト「不機嫌亭物販部」で購入した湯のみ茶碗に角型クッションと帆布スクエアバッグ。
カナヘさんがデザインされた「I'll Cover you.」の3品です。
今日初めて使ってみましたが、とても良い感じに仕上がっています。(⌒∇⌒*)

Kanahe_goods
 (c) 2007-2009 不機嫌亭ゲーム班

湯のみ茶碗 (税込1,575円)
想像していたよりも大きくて立派、いわゆる「寿司屋の湯のみ」です。
さっそく昆布茶を入れていただきました。(^^♪
ピンクの「BOXまなちゃん」デザインも、純白の湯のみに映えて良さそうです。

角型クッション (税込1,976円)
3品中で一番プリントがきれい、というか元画像の再現性が高いです。
今日から枕の横に並べて寝ます。
カナヘは俺の嫁。(笑)

帆布スクエアバッグ (1,006円)
マチがあるデザインなので容量が大きく、帆布製で頑丈。
書籍や雑誌を入れるのに最適なバッグです。
このバッグを下げて夏コミに出かけるのが今夏の目標になりました。( ̄∇、 ̄)

Bn_fuuma
katsuraぶろぐは、『錬電術師 -HexaQuarker-』を応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

人生の節目に「錬電グッズ」

今日は珍しく仕事の話です。(^_^;)

2008年度、この3月31日までの私は部下5名を持つ営業部長でした。
厳しい景気情勢の中、皆と一緒に客先を回り、何とか1年を終えることができました。
「もっと厳しくなる2009年度はどう営業展開しよう…」なんて考えていたのですが、4月1日からガラリと役目が変わりました。

組織改変で製販一体の部門となり、SEと営業を合わせて部下30数名を抱えるシステム部長になりました。( ̄∇ ̄;)
営業は部長代理に任せて、システム開発の元締めと部門収支管理が仕事です。
営業として「自分で動く」から、プロジェクトの統括として「人を動かす」へと立場が変わります。
部下の生活を守っていくためにも、自分自身の中でケジメをつけて、新たなスタートを切らねばなりません。

その人生の節目に、ステキなグッズを見つけました。
不機嫌亭ゲーム班「錬電術師 -HexaQuarker-」のキャラクターグッズです。

狩野蒼穹氏の原画を各種グッズにデザインした「不機嫌亭物販部」がオープン。
一番お気に入りのキャラクター「カナヘさん」で、湯のみ茶碗(税込1,575円)、角型クッション(税込1,976円)、帆布スクエアバッグ(1,006円)の3点を注文しました。

Order_ill_cover_you

カナヘさんのキャッチコピー「I'll Cover you.」(ウチが守ってあげるわ。)がちょっと琴線に触れました。(⌒∇⌒*)

私も部下に向かって「I'll Cover you.」と言えるようになりたいと…
頑張ります。(^_^)v

Bn_fuuma
katsuraぶろぐは、『錬電術師 -HexaQuarker-』を応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

「錬電術師 ーHexaQuarker- 第二章 infinite_routine v1.01」レビュー 18禁バージョン

本当に素晴らしい同人ビジュアルノベルゲームが出来上がりました。(⌒∇⌒*)

去る8月27日にv0.90のレビュー記事を書かせていただいた「錬電術師 -Hexa Quarker- 第二章 infinite_routine」が、11月4日にマスターアップ、堂々のv1.01として完成しました。
完成版の「第二章 infinite_routine v1.01」は多くの委託販売サイトやダウンロード販売サイトから入手することができます。
ぜひ、公式ホームページから入手先をご確認ください。

多くのプレイヤーが素晴らしいレビューを書かれること間違いなしの秀作です。
シナリオや演出についての同じようなレビューを書いても、私の拙い文章ではつまらない記事になると痛感しておりますので…

…今回は得意分野(笑)の18禁シーンについて熱く語らせていただくことにしました。( ̄∇、 ̄)


※※※ 以下は18禁同人ゲームの紹介記事です。 ※※※
※※※ 未成年には不適切な性的描写や表現が含まれている可能性がありますのでご注意ください。
 
※※※

※※※ また、18禁シーンのレビューが、作品構成やシナリオの「ネタバレ」となる恐れがあります。 ※※※
※※※ その点もご留意いただいた上で、以下の記事をご覧くださるようお願いいたします。 ※※※



18禁現代魔術ビジュアルノベルADVゲーム
錬電術師 -Hexa Quarker- 第二章 infinite_routine v1.01


製作 不機嫌亭ゲーム班
    キャラクターデザイン・原画 / 狩野蒼穹
    シナリオ・スクリプト / 進行豹
    SE・音楽 / 
桜崎 みなも 

さて、この「第二章 infinite_routine」には7人のヒロインが登場しますが、「R18指定」を裏切ることなく、ヒロイン全員にエッチシーンが用意されています。
そのお相手はすべて主人公1人!
キャラクターデザインが狩野蒼穹さんなので、ヒロイン7人中4人が主人公の姉妹という美味しいシチュエーションです。
当然なから主人公と姉妹の禁断の性愛が何度も描かれています。

H_5sc05 純白の処女

ヒロインの中で一番人気だと思われるお姉ちゃん。
大人の女性の落ち着いた雰囲気と幼い少女の面影を併せ持ち、エッチシーンとは到底無縁のキャラクターと思われます。
エッチシーンどころか、肌を露わにすることすら憚られるような純白の処女。
その純白の処女が、愛する弟のために蕾のような可愛らしい乳房で××××します。
そして、その華奢な肢体を弟の前に投げ出し、自ら×××を曝け出して…

Chap2_girl_1
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 ロリータじゃ無いはずなのに、胸キュンの健気なエッチシーンに萌えます。

H_5sc05 ツンデレ娘

第二章で重要な役割は果たすお姉ちゃんは一言で表わすとツンデレ娘です。
主人公、サドマゾなのか変態の気があるのか、ツンデレお姉ちゃんが好きで堪りません。
「デレ」なお姉ちゃんの瑞々しい肉体に、むしゃぶりつくようにエッチする主人公。
弟の激しい動きに、段々と紅潮するお姉ちゃんの表情はすっかり「ツン」に…
…あれっ??

Chap2_girl_2
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 お姉ちゃんに××××するところが一番の興奮シーン、こんな娘とエッチするとスゴク気持ちよさそう。

H_5sc05 愛欲の恋人

主人公と天然系お姉ちゃんとは双子なので、お互いの肉体と心がひとつになるセックスは、この上ない至高の瞬間です。
触れていなくても十分に感じる互いの吐息、抱き合えばもう××××するたびに溢れ出る愛の蜜…
とにかく本当の愛を見せつけてくれます。

Chap2_girl_3
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 すごく美しいエクスタシー描写で、「恋人たちの性の語らい」がヒシヒシと伝わって来ます。

H_5sc05 淫乱美少女

第一章から萌え萌えなエロさをふりまく妹は○学生のハズ。( ̄∇、 ̄)
でも、大好きなお兄ちゃんのためなら、×××××でも何でもしてあげる!
そんな純粋で可愛い妹が、実の兄にキュートな秘部を×××されて悶えるなんて…

Chap2_girl_4
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 作品中、もっともオーソドックスな美少女エッチながら、妹の猥褻さはシリーズ最高です。

H_5sc05 性戯の先生

母親のような優しさと厳しさを合わせ持つ、主人公の(何かの)先生。
東欧の美女を彷彿とさせる素晴らしいプロポーションの先生が、今宵、文字通り手取り足取り教えてくれるのは…

Chap2_girl_5
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 素晴らしい美乳ギャルだと思いますが、それよりも足フェチなのでフトモモが大好き~。

H_5sc05 愛と哀しみの淑女

見るからにエッチとかには縁の無さそうな謎の幼女も登場します。
作品中には、「“ロリコン”はギリギリ容認するけれど、“ペド”は絶対許さない!」って意味の名セリフが登場し、ペドフィリアな幼女性愛はご法度になっています。

…でも、大人になったらエッチなことも全然OKです。\( ̄∀、 ̄)/
Chap2_girl_6
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 思い切りフェチな××××とか変態っぽいプレイしてますが、ドラマのような「男と女の関係」が印象的です。

H_5sc05 はんなりと、艶っぽく…

最後は、和装が似合う京風の美女、もう大好きで大好きで堪りません!
プリッとした乳房が妖艶な大人の魅力を醸し出しています。
アソコの締まり具合いがスゴク良さそう。(´Д`;)ハアハア

Chap2_girl_7
 (c) 2007-2008 不機嫌亭ゲーム班

【寸評】 変われるものなら主人公に代わってエッチした~い!!

このレビューは、不機嫌亭ゲーム班にキャラクター設定やプロットを確認したものではなく、あくまで私個人の独断と偏見を綴ったものですが、まぁ「当たらずといえども遠からず」だと思います。( ̄∇ ̄;)

成人コミックまるごと1冊のようなエッチシーンが楽しめる「錬電術師 -Hexa Quarker- 第二章 infinite_routine v1.01」、みんなでハアハアしましょ~っ。(^^♪

Bn_kanahe_oiroke
katsuraぶろぐは、『錬電術師 -Hexa Quarker-』を応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)