« 「錬電グッズ」が届きました | トップページ | カフェ&ダイニングバー「ICHOYA」 »

2009年4月18日 (土)

ねこ耳少女の量子論

季節の変わり目のせいか、あるいは新しい仕事の気疲れからか、はたまた暴飲暴食が祟ったのか、今日は腹痛と下痢で苦しんでいます。(T_T)
ロクに食事も出来きず、ゴロゴロ寝ているしかないので、先日買った科学書をじっくり読みました。
科学書と言っても一見するとコミック、二見してもコミックです。( ̄∇ ̄;)

ねこ耳少女の量子論
萌える最新物理学
[著者] 竹内 薫
[執筆協力] 藤井 かおり
[漫画] 松野 時緒
[発行日] 2009年2月23日第1版第1刷、2009年3月31日第1版第4刷
[発行所] PHP研究所
[定価] 500円(税込)
[ISBN] 978-4-569-70560-6

Nekomimi_ryoshiron

昔から素粒子とか不確定性原理とかに関心があって、量子力学の入門書などにチャレンジしていましたが、大抵は理解しきれずに撃沈。○| ̄|_
ド素人に量子論は無理と諦めていたので、この「ねこ耳少女の量子論」は福音書となりました。(^_^)v

≪以下、若干ネタバレです。≫

主人公のあいりちゃんがねこ耳少女なのは「シュレーディンガーの猫」に因んでいると思われますが、何故にゴスロリファッション?
ネコ耳を隠すためにつけている特大目玉クリップはさぞかし痛いだろうなと思いつつ、最後に目玉クリップを外すシーンはちょっと泣けます。
話が進むにつれ、制服女子高生→黒ゴス娘→制服女子高生→白ゴス娘とファッションが変わるあいりちゃんに萌えまくり。(⌒∇⌒*)
ぜひ続編を描いて欲しい、お薦めの1冊です。

…えと、量子論はそれなりに理解できたと思います… ( ̄∇、 ̄)

|

« 「錬電グッズ」が届きました | トップページ | カフェ&ダイニングバー「ICHOYA」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねこ耳少女の量子論:

« 「錬電グッズ」が届きました | トップページ | カフェ&ダイニングバー「ICHOYA」 »