« おとぎ銃士 赤ずきん DVD Vol.13 最終巻 | トップページ | しゅごキャラ! »

2007年12月 5日 (水)

錬電術師 -HexaQuarker-

以前、勝手に狩野蒼穹氏の単行本「あねSWEET」を宣伝しましたが、今度は狩野蒼穹氏がキャラクターデザイン・原画を担当する
18禁現代魔術ビジュアルノベル「錬電術師 -HexaQuarker-
の宣伝です。(^^♪

Bn_kaya_ev50
「錬電術師 -HexaQuarker-」は先月11月1日(火)から第一章の体験版ダウンロードが始まっており、私も初日にダウンロードしてすぐ体験してみました。

ビジュアルノベルなのでゲーム性は低いですが、まるで映画を見ているようなストーリー展開で確実に錬電術師の世界に引き込まれます。
「紺来家の地下」シーンでは、アニメ画では表現できない、実写ならではの背景が「怖いところ」の雰囲気を醸し出していて、画面を見ているだけでチビリそうになりました。(T_T;;)
一方、狩野蒼穹氏のかわいくてエッチなキャラクターのイベント画像には思わずウヒヒとなります。( ̄∀、 ̄)

Bn_mana_usa50
最初に製作中の画面を見た時には、狩野蒼穹氏の絵柄に魔術なんて話がフィットするとは思えなかったのですが、これが実際に見てみると大ハマリ。
体験版を見てからと言うもの、早く続きが見たくてしょうがありません。
製品版が出たらすぐに買うことを誓います。(^ー^)v

とにかく錬電術師をぜひ応援したいなぁと思っていたら、製作スタッフの不機嫌亭ゲーム班が応援バナーキャンペーンで応援サイトやブログを募集中。
こんなマイナーなブログですが応援バナーを貼らせていただいたところ、ご丁寧にも相互リンクしていただきました。
感謝感謝です。

製作スタッフの不機嫌亭ゲーム班は、背景写真素材やSE・ボイスも公募されていて、すごくオープンでアットホームな雰囲気が感じられます。
制作進行・シナリオ・スクリプト担当の進行豹氏による「製作日誌」も毎日更新されていて、着々と製作が進んでいる様子がよくわかります。
兎にも角にも応援したくなる、そんな不機嫌亭ゲーム班です。(笑

気になる製品版ですが、第一章は12月31日(月)の冬コミ会場西地区“み”ブロック-37aにて発売開始の予定です。
冬コミに行けない人には1月中旬からダウンロードも用意されるようです。
ぜひとも冬コミで盛況を博して、第二章以降も頑張ってほしいです。

|

« おとぎ銃士 赤ずきん DVD Vol.13 最終巻 | トップページ | しゅごキャラ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錬電術師 -HexaQuarker-:

« おとぎ銃士 赤ずきん DVD Vol.13 最終巻 | トップページ | しゅごキャラ! »